ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 【予告】3/18・第21回NLP大宮練習会


    2012年2月29日 14:25 ニュース. 練習会

    まだ見ぬ自分らしさを発見する。

    3月のNLP大宮練習会は、こんなテーマを取り上げます。

    NLPを習った人達が、忘れないように復習する為のコミュニティですが、

    NLPの万能性は、初心者もある程度理解ができるようになっています。

    NLPに興味がおありでしたら、お気軽にお越しください。

    —–《第21回NLP大宮練習会》—–

    日時:3月18日(日)14:00~18:00(13:45開場)

    場所:ヒューマンアカデミー大宮校

    (JR大宮駅西口徒歩5分 ソニックシティシティビル24階)

    http://www.sonic-city.or.jp/modules/access/

    定員:15名

    費用:無料 (ヒューマンさんのご好意で部屋をお借りしています。)

    内容:『まだ見ぬ自分らしさを発見する』

    NLPでワークをやると、それまで気づかなかった“自分らしさ”を発見する

    ことがあります。それが、他人も自分も知らなかったことなら、ジョハリの窓

    の“未知の窓”なんでしょうね。一緒に“未知の窓”を開けるワークを楽しん

    でみましょう。

    参加申込み:3月16日(金)までに「お問い合わせ」からご連絡ください。

    その他:終了後は近所で懇親会を行ないます。参加は自由です。

    埼玉地区以外からの参加も歓迎します。

     

    京都・大原のベネシアさん、ハーブの香り


    2012年2月29日 12:03 ブログ

    心がほのぼのとして来る。

    今朝テレビで、京都・大原の古民家で暮らす英国人、ベネシア・スタンリー・

    スミスさんを紹介する特集をやっていた。

    主に、ベネシアさんが扱っているハーブの効用を説明する内容なのだが、

    流れの中でベネシアさんの波乱万丈の人生、現在の生き方も紹介された。

    英国貴族の生まれだが貴族達の生活に疑問を持ち、19歳でインドへ旅する。

    そして27歳で来日、京都で英会話の教師をはじめる。結婚、三児をもうける

    が離婚、その後再び現在の山岳家の旦那様と再婚、40歳で出産‥など、

    異国で壮絶な人生を送って来た。

    それだけに、ひとこと一言に重みがある。

    Life  begins  at  forty. (人生は40から始まる。)

    英国では普通の格言だそうだが、ベネシアさんが言うと心に響く。

    A  difficulty  makes  a  jewel. (困難は、宝石を造る。)

    この2つも印象に残ったが、一番驚いたのは、講演で言っていた言葉‥

    「嵐が来たら、過ぎ去るのをじっと待つのでなく、嵐の中でダンスをする。」

    ‥だって。‥すごいね。

    嵐というイケメングループとダンスをするのなら分かるけど‥、一瞬えっ!?

    と思う。バイタリティを感じる含蓄のある言葉だ。

    英国で貴族として何の苦労もない一生を送ることもできた女性が、はるか遠い

    日本で波乱の運命と向かい合い、力強く生きて来た。そこで得た数々の思いが

    珠玉のビリーフ(belief:信念/観念)になっている。

    「あと1週間の命だとしたら、何をしますか。人それぞれだと思いますが、

    やりたいことをするんじゃないでしょうか。なら、今それをやりましょう。」

    同年代としては、これも共感を呼ぶ言葉だった。背中を押された気がした。

     

    ↓こちらのサイトがベネシアさんを分かりやすく紹介しています。

    http://www.nhk.or.jp/venetia/about.html

     

    無駄は、無くそうとしなくていい?


    2012年2月26日 23:35 ブログ

    どうやら人には“無意識”というものがあるらしい‥ということを論文で世に

    知らしめたのは、1900年のフロイトが最初だということになっている。

    日本では、その600年以上も前に禅宗で“無の世界”を重視していたのだが‥。

     

    そんなことを考えていたら、面白いことを思い出した。

    25年前、私は最先端技術で作られる超精密機械の生産技術を担当していた。

    その時、改善の神様と言われた新郷重夫先生(1909~1990)にご指導を受け

    たことがある。いろいろ教えて頂いたが、一番印象に残った言葉は、

    「無駄は無くさなくていい。」

    「えっ。何で?」‥誰でもそう思う。

    続けて「無駄は見つければいい。」と言われた。

    なぜなら誰かが「これって無駄じゃない?」と言い、別の人間が「ああ。

    そうかも‥。」これが重なるとどうなるか。誰かが知らず知らずに無くす

    ものだ‥と言われた。その時は、単にそういうものかなあ‥と思った。

     

    最新の心理学では、人は9割以上無意識に行動しているという。

    さらに、脳は常に安全、安心を求め、気がかりなことがあると何とかしたい

    と思い、無意識にその行動をする。

    最近、これを学んで新郷先生の言われたことをしみじみと思い出した。

    戦後、高度成長の日本で活躍された工場改善の神様は人間の心理も分かって

    いたようだ。今更ながら、あらためてすごいと思う。

     

    石川遼選手、見事な逆転勝利!


    2012年2月24日 0:10 スポーツ選手とNLP. ブログ

    まさに、勝負はゲタを履くまで分からない。

    きのう、ゴルフの石川遼選手が、ドラマのような見事な逆転勝ちを演じた。

    米アリゾナ州で開催されたアクセンチュア・マッチプレー選手権。

    石川遼選手の1回戦の相手は、昨年のこのツアーのチャンピオンで、世界

    ランク12位のビル・ハース選手。しかも先週、優勝していて絶好調。

    一方、石川選手は現在世界ランク56位で、負ければ50位以内に来るマスターズ

    の招待が大ピンチに陥るという崖っぷち。

    13番ホールを終わって、ビル・ハースの3アップ。流れから言っても、残り

    5ホールでの挽回は無理で、ハースは『もう楽勝だ。』と思ったに違いない。

    勝負は、こういうまだ終わっていないのに“喜んだ”時が危ない。

    スケールは違うが、自分も将棋で何回かこういう逆転負けを喰っている。

    14番ホールで、石川選手が見事なバーディを奪って流れが変わった。

    さらに15、17、18番を取って、見事な1アップの逆転勝利!

    底力がないとできないことは確かだが、それ以上にマスターズ出場への執念

    が、大きな山を動かしたと思う。

    将棋の羽生十九世名人は、10年ほど前から自分が『勝った』と思った瞬間の

    手を指す時に手が震えるようになった。トッププロが、実況を見ながら、

    「今、羽生先生の手が震えましたから、もうこの勝負は終わりました。」と

    言う。40歳を過ぎてもなお第一人者に君臨する羽生名人でさえ『勝ったと

    思った瞬間が危ない』ということを身に沁みて知っているからだ。

     

    その一瞬のスキをついて勝利をものにした石川選手には、必ずツキが来る。

    勝負とはそういうものだ。ひょっとしたら、このまま一気に米ツアー初優勝も

    あり得るのではないだろうか。敗れたとしても初優勝はそう遠くないと思う。

    今週末のアリゾナからのニュースに目が離せなくなった。

     

    ☆NLPを学ぶと、平常心の保ち方も分かるようになります。

     

    》古い投稿