ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • ライブ劇に見る非言語コミュニケーション


    2012年2月22日 12:08 ブログ

    やはりプロの俳優はすごい。

    何がすごいって、セリフ以外の何かを伝えるテクニックに長けている。

    きのう、ゲンキプロデュースという劇団のライブ「スイートメモリーズ」を

    見に行って来た。

    NLP大宮練習会に2回来て頂いたことがある俳優兼演出家のかわのをとやさん

    が出演しており、メールを頂き、勉強会の帰りに立ち寄った。

    笑いあり、涙ありの面白いストーリーで、過去と現在が行ったり来たりする

    ので、めまぐるしく目先が変わり、引き込まれる。

    ストーリーの切れ目に真っ暗になる時にあり、この時かかる曲も懐かしかった

    り、進行中の劇の情景を思い浮かばせたりする。勿論、出演者の強烈な個性も

    身体を揺さぶるような感じがあり、まさにライブならでは‥と思わせる。

    主演の河合美智子さんは、私にとって、将棋をテーマにしていた96年のNHK

    の朝ドラ「ふたりっ子」のオーロラ輝子役の印象が強烈だが、この日の役は

    全く違う個性を見事に演じて、さすがにプロはすごいと感じた。

    コメディタッチで描かれており、ところどころのツッコミやアドリブもツボに

    はまった時は、思わず声を出して笑ってしまった。

    特に、かわのをとやさんが時折ボソッと言う軽いツッコミは面白かった。

    となりに座っていたおばさん達のツボは全く違って、おねえ風の男優の動作を

    ゲラゲラ大声で笑っており、つい自分もつられて笑ってしまった。

     

    一番感心したのは、出演者全員がセリフ以外の感情表現を見事に体全体で出し

    ていたことだ。言葉の情報はストーリーを展開する上で重要だが、配役の感情

    表現は言葉でない表情、間、仕草などからほとばしる。

    NLPでは、良好なコミュニケーションを作って行く上で、非言語の情報が

    重要だという話をするが、それを説明するより、こういうライブを見に来た方

    が何倍も説得力があると思った。

     

    ☆ゲンキプロデュースオフィシャルサイト:http://www.genki-produce.com/

     

     

    視覚情報は、イメージが沸きやすい。


    2012年2月20日 20:23 ブログ

    百聞は一見にしかずか。

    やはり、目で見て感じてもらうことは、意図を伝えるのに一番有効だ。

    きのうのNLP大宮練習会で、象徴的なことがあった。

    タイムラインをイメージし、やや上方から過去の出来事をホースで洗い流す

    というワークをやった。

    どうやら“ホース”という言葉から受けるイメージが、庭に水をまく時のホー

    スを連想するようで『細くて迫力がない』と思わせたようだ。

    そこで、挿絵が役立った!

    「これって、すごくイメージがわくよね。」消防士が使うようなホースで、

    バアーっと流すイメージが浮かんだと言う。

    そういう感想を言ってもらえると、資料を作った当人として素直にうれしい。

    ファシリーテーター冥利は言い過ぎかもしれないが、こういうことが次のモチ

    ベーションにつながることは確かだ。

     

    ☆次回のNLP大宮練習会は、3月18日(日)です。

     

     

    “自信”‥第20回NLP大宮練習会開催報告


    2012年2月20日 10:51 ニュース. 練習会

    昨日(2/19)、NLP大宮練習会へ行って来ました。

    立春が過ぎてもまだまだ寒い1日でしたが、空はすっきり晴れ渡り、女性5名、

    男性5名の計10名が参加しました。

    場所は、大宮駅西口から徒歩5分にあるソニックシティビル24階のヒューマン

    アカデミー大宮校です。NLP卒業生のアフターケアの一環で、空いている

    部屋を提供して頂いています。感謝、感謝です。

    新宿のサークル・オブ・NLPからのれん分けで埼玉開催が始まって以来、

    20回を数えました。習ったNLPを忘れないように、かつ使えるように

    するのに、このような集まりは絶好の機会だ‥としみじみ思います。

     

    今回は『自信を持つということ』というテーマを取り上げました。

    どういう時に自信を持って臨みたいか?という状況は、人それぞれです。

    そこで、まず2人1組になり、バリューを確かめてみました。

    1人5~8枚自信を持ちたい状況を紙に書き、それを順位付けします。

    人前で話す時、朝しっかり起きようとする時、サバイバルの時などなど、

    想像を超えて、本当に皆違う!それぞれ様々な内容でした。

    次に、過去に体験した良い暗示やとても良い決断をしたイメージをより鮮明に

    するワークをやりました。NLPを習っていない方が2名参加されていたので、

    まずスキルの説明をし、これからやることを納得してもらってから進めます。

    実際やってみたら、しっかりイメージできるようです。やはり参加する意思が

    あるというのはすでに何らかのリソースを持っているからだ‥と思わせます。

    視覚のサブモダリティを鮮明にしてもらったら、パッと顔が明るくなったのが

    印象的でした。

    最後は、過去の自信を失った体験を思い出し、スウィッシュ・パターンの応用

    で嫌な思いを消すというワークです。好きな色の液体が満ちているホースで、

    タイムラインの少し外れた上方から、いい思い出も嫌な過去も一緒に一気に

    流します。流されていくイメージも人それぞれで、多くはすっきりして晴れ

    晴れとした気持ちになったようでしたが、まだ流れ切らないと残念がる人も

    いました。

    そうこうする内に、和気藹々過ごした4時間は、あっという間に過ぎました。

    駅までの帰り道は、キーンと冷えましたが、皆何か心の整理がついたような

    爽やかな笑顔で、それぞれの帰路につきました。

    次回は、3月18日(日)の予定です。

    興味のある方はお気軽にお越しください。

     

    ☆今回使用したNLPのスキルは、バリュー、アンカリング、タイムライン、

    サブモダリティの変換、スウィッシュパターン、ディソシエイト思考の6つで、

    参考資料が、マズローの欲求階層説でした。

     

     

    自信がないのは、そこそこ幸せ?


    2012年2月17日 19:06 ブログ

    ああ。自信がない。

    あさって、大宮でNLP練習会があり、資料を作っている。

    テーマは『自信を持つということ』を取り上げることにしたが、考えれば

    考えるほどつかみどころがなく、苦慮している。

    何をするにも自信満々という人はいないだろうし、生まれてこの方一度も

    自信を持ったことがないという人も珍しい。

    いや一度も自信を持ったことはありません!という人がいたなら、その人は

    そのことに自信を持っていると言えるし‥。

     

    いろいろ調べていくうちに、結構新しい気づきがある。

    健康で生き生きとしている人達のことを研究した心理学者マズローは、5段階

    の“欲求階層説”を提唱したが、この中で“自信”が出てくる。

    人は、まず基本となる『生理的欲求』が満たされると、次に『安全の欲求』を

    求める。さらにそれが満たされると『愛と所属の欲求』は欲しくなる。それが

    満たされると『承認と自尊の欲求』を求めることになるが、ここに“自信”が

    出てくる。

    『承認と自尊の欲求』は、名声、評判、社会的地位、強さ、達成などがあり、

    自分に対して自尊心を満足させ、自信を持ちたい‥というもので、これが

    現代人の最重要課題らしい。‥ということは、自信についてあれこれ言うこと

    ができるのなら、『愛と所属の欲求』までが満たされている可能性が高いの

    ではないか。つまり、自信がないので何とかしたい‥という人は、そこそこ

    幸せなのかも知れないと思った。

    “そこそこ幸せだが、自信がない。”ひょっとして、これは日本の縮図か?

    そのレベルまで来ているなら、きっと人それぞれで自信の中身が全然違うの

    だろうし、だとしたらバリュー(価値)を確かめてみれば、その人の自信の

    個性が分かり、それぞれで、そのイメージをコントロールする術を学べば

    いいのではないか‥と考えたが‥。うーーん。自信がない。

     

    ☆バリューは“日本人の為のNLP”の第5日(全5日)に学びます。

     

     

    新しい投稿《》古い投稿