ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 沁みたねえ。石巻工阿部主将の選手宣誓


    2012年3月22日 19:47 スポーツ選手とNLP. ブログ

    素晴らしい選手宣誓だった。

    第84回センバツ高校野球大会で、宮城・石巻工の主将阿部翔人選手の選手宣誓

    が被災地のみならず、日本中の人達の胸を打った。

    淡々とした中にも凛とした響きがあった。思わずホロリと来た。

    今、全文を読み返しても沁みてくる。

    「宣誓。東日本大震災から1年。日本は復興の真っ最中です。被災をされた

    方々の中には苦しくて、心の整理がつかず、今も当時のことや、亡くなられ

    た方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。

    人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。

    しかし日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に

    必ず大きな幸せが待っていると信じています。

    だからこそ日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。

    見せましょう。日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること。それは

    全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。今、野球ができることに感謝

    し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」

     

    これを聞き、さらにきょうの石巻工の溌剌としたプレーを見ることで、被災地

    の人達はどんなに癒されたことだろうと思う。

    一所懸命にひとつのことに打ち込んでいる若者を見ることで、自分が同年齢

    だった時のことに思いを馳せる。一途だった。ひたむきだった。真摯だった。

    ‥‥そして元気が出て来る。

    毎年春の訪れとともにやってくるこの新鮮な感情が蘇る2週間を大いに楽しん

    でみようと思う。

     

    ☆人は、過去の記憶を呼び起こす時、それは現在のモノになっている。

    タイムラインのワークで、記憶に対する感じ方を変えることができます。

     
     

    第21回NLP大宮練習会を開催しました


    2012年3月19日 22:19 ニュース

    昨日、第21回NLP大宮練習会を開催しました。

    場所は、大宮駅西口ソニックシティビル24階・ヒューマンアカデミー大宮校

    です。ヒューマンさんには、卒業生のアフターケアの一環で継続的にご協力

    頂いており、皆感謝しています。

    テーマは『まだ見ぬ自分らしさを発見する』です。参加者は、女性2名、男性

    2名の計4名で、小じんまりとした集まりになりました。ただし、今回は全員

    マスター以上のベテランで中味の濃いものになりました。

    リフレーミング、ニューロ・ロジカルレベルで自己認識を深め、最後にNLP

    の原点のひとつ、ゲシュタルト療法の考え方で『真の自己』を見つけに行こう

    というストーリーを企画しましたが、いきなり4人のフリートークで始まり、

    ゲシュタルト療法の“五層一核の成長モデル”を追求することになりました。

    “五層一核の成長モデル”では、行き詰まりの層『私は一体誰なのか?』

    いう問いかけが出て来ます。人は、普段表面的で安全な人間関係や社会的役割

    を演じていますが、それをすべて取り払った時行き詰まりの層へ入ります。

    その時自分は何者なのか‥を考えるというものです。こういうものは、一人

    で考えるより1対1 の対話形式で進めると意外な気づきがあります。

    「えっ、初めてこんな言葉が口をついて出た」という感想がありました。

    これだけで成功だったのではないかと思います。

    続けて、ニューロ・ロジカルレベルの復習をしました。

     

    次回は、4月8日(日)です。

    今回、テーマが漠然としていてつかみどころがなかったので興味がわかず

    参加を躊躇した人もいたのかもしれませんが、もし月曜を休むと4連休に

    なると設定だったので都合がつかなかったこともあり、参加者が少なくなり

    ました。これを反省材料に次回以降面白い企画を考えて行くつもりです。

    せっかく皆で築いたコミュニティですので、ぜひ盛り立てて頂き、続けて行き

    たいと思いますので、よろしくお願いします。

     

    のぞみ300系引退に思う鉄道ファンの望み


    2012年3月19日 10:22 ブログ

    新幹線のぞみの初代モデル300系が引退した。

    ラストランに押しかけた人の多さに、改めて鉄道ファンの多さとその思い入れ

    の深さに驚く。

    私のような普通の団塊の世代は、新幹線の印象深い思い出と言ったら、

    1964年の東京オリンピックに間に合わせるように登場した“こだま号”で

    あり、初代のぞみと言っても、発展の通過点にしか思えない。

    だが、40歳前後の人達にとって初代のぞみ300系は何か日本の技術革新の象徴

    として誇らしいものなのかも知れない。

     

    それとも鉄道から旅行を連想し、新幹線から速さをイメージし、短時間で全く

    違う文化を持つ場所へ移動する、それが今の環境から解き放たれた自由を感じ

    させる。その『地を走る最速の乗り物がのぞみ号!』それが魅力ということ

    なのだろうか。

    無理矢理のぞみ号から自由を結びつけてみたが、自由以外にも人には無意識

    に望んでいるメタアウトカム(最上位の欲しいもの、なりたい状態)があり、

    それと結びつけているのはおそらく間違いないのでは‥という気がする。

     

    ☆メタアウトカムは無意識の一番深いところにあるので普段はほとんど分かり

    ません。その分、分かれば“自己認識”が一気に深まります。

     

    ベテラン警官の説得術


    2012年3月15日 23:47 ブログ

    これぞプロのスキルだと思った。

    テレビで、新人交通警察官の奮闘振りを紹介していた。

    一定の訓練を経て、ベテランの指導員とともに路上の違反を取り締まる。

    スピード違反の車を白バイで追い、停止させ、運転者と対話し、証拠の

    記録を見せ、違反であることを認めさせ、書類にサインをさせる。

    この時、当然のように違反した者は機嫌が悪い。自分の過ちを運の悪さ

    にすり替え、一縷の望みを持って何とか逃れようとする。

    「スピードを出していた覚えはない。」

    ‥証拠の記録を見せる。

    「冷たいねえ。あんたらそういうのが仕事か。」

    ‥悪たれをつき、なかなかサインしない。

    見かねて、ベテラン警官が新人に代わって声を掛ける。

    警官「もう何年か運転をされているんですよね。」

    違反者「40年だよ。」

    警官「へえ。大先輩ですね。」

    違反者「そんなにスピード出してなかったんだけど‥」

    警官「記録があるんでねえ。」

    そうか。仕方ない‥といった様子ですんなりサインをした。

    すごいね。ベテランのワザ。短時間で違反者とラポールを築いた!と思った。

    表情、仕草、声音、声の調子、合づち、すべてを駆使しているように見えた。

     

    ラポールは必ずしも好きな人だから築かれるものではない。いやな奴だと思っ

    ても無意識に仕方がないね‥と従うことになる場合、ラポールが築かれている

    と言える。長年の経験で、この仕事はこうやって凌いで行くという術を身に付

    けている。営業マンも見習うべき対応だと思った。

     

    ☆ラポールを築く方法は、“日本人の為のNLP”第1日(全5日)で学び

    ます。

     

     

    新しい投稿《》古い投稿