ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 無意識になるには、テクニックがいるのだ!


    2013年7月29日 13:03 スポーツ選手とNLP. ブログ

    意識的に何も考えないというのは、結構大変なことなのだと再認識した。

    海にもぐって、真っ逆さまの姿勢でどんどんどんどん深いところへ入って行

    き、その深さを競うフリーダイビングという競技がある。

    その日本の第一人者が岡本美鈴選手だ。

    イルカと一緒に泳ぎたいという動機で、10年前にフリーダイビングを始め、

    2006年に日本記録を樹立。 その後、毎年日本記録を更新し続け、2010年

    世界選手権・団体戦で金メダル、2011年世界選手権・個人戦で海洋種目では

    日本人初となる銅メダル獲得するなど活躍、現在は世界歴代で4位のダイ

    バーとなった。

    岡本美鈴さんは、水中で息を6分以上止められる。その時間を達成する為

    には『何も考えない』で頭の中をカラッポにする必要があり、それには、

    テクニックがいるという。

    「普通にしていると、頭の中でおしゃべりをしてしまいます。そうすると、

    酸素を消費するので息を使ってしまうのです。」

     

    最新の心理学では『人は通常90%以上無意識に行動している』というのが

    周知のことになっている。ところが、無意識に行動しているのであって、

    何も考えていないかというと、熟睡していない限り、実は常に無意識に何か

    を考えている。いやいや「私は意識的に考えて行動していますよお」と言う

    のならば、「では意識的に何も考えないようにできますね。」と言うと、

    「うーん。あれ?」と、なかなかできないので初めて気づく。

     

    ”の世界では、無の境地になるように修行する。

    やはり、修行しなければできないのだ!

     

    最近のNLPの指導者は、「無意識というと何かそういう意識があるみたい

    だから、と表現するのがいいんじゃないか」と話し合っていると聞く。

    あれあれそれじゃあ“”の世界に近づいているんじゃないの!?

    日本では12世紀に広く気づいていたに、西洋ではやっと今気づいたのかと

    思うと、何か誇らしい気がして来る。

    そうこう考えると、日本人はになることに慣れているのかもしれない。

     

     

    広島・前田健太投手のアンカリング


    2013年7月16日 22:41 スポーツ選手とNLP. ブログ

    プロ野球セリーグ、広島カープの前田健太投手のルーティンがすごい。

    プロのエース級の先発投手は、大体中5日の間隔で登板日が回って来る。

    従って、次の登板に向けて体調を整えて行くのだが、気持ちも徐々に高めて

    行かなければならない。そして、登板時の第1球から100%のパフォーマンス

    を発揮するように照準を合わせる。

    前田選手の場合、登板前日

    ☆夕食は豚のから揚げ。コンビニに寄る。寝る前に同じ音楽を聴く。

    同じパジャマで寝る。同じ下着を付ける。

    登板当日は、

    ☆試合開始の7時間前に起床。お風呂でブログをチェック。左から体を洗う。

    朝食は豚のしょうが焼き。お風呂を掃除する。トイレを掃除する。

    球場入りでは、

    ☆定刻に球場入り。バスで音楽は聴かない。練習は同じTシャツ。ブルペン

    は真ん中で投げる。試合前に45球投げる。左足からグランド入り。マエケン

    体操をする。ラインは左足でまたぐ。プレートに祈る。胸に手を当てて祈る。

    右手とグラブに念を送る。右手を上げ、両手を上げ、屈伸する。投球練習の

    5球はストレート、カーブ、スライダー、ツーシーム、ストレート。

    ‥そして、いよいよ第1球を投げる。

    ふう。これだけは毎回必ずやるのだと言う。

    これで、いつもの素晴らしい球が投げられる精神状態になるのだとしたら、

    聞いたこともない長編物のすごいアンカリングをやっていることになる。

    大変だが、これで素晴らしい実績を残しているのだから、理にかなってい

    ると言わざるを得ないだろう。

     

     

    五感で未来をはっきりさせれば‥練習会報告


    2013年7月15日 20:58 ニュース. 練習会

    夢や未来を語る時、自分の頭の中で考えるのと誰かに聞かれて答えるのでは、

    やはり少し違うようです。

    猛暑の日曜日(7/14)、大宮駅前の選挙演説をすり抜け、陸橋を歩いて5分

    のところにあるソニックシティビル24階のヒューマンアカデミー大宮校で、

    第32回NLP大宮練習会を開催しました。

    今回のテーマは『成功をイメージする』を取り上げました。

    暑さのせいか、三連休の真ん中のためか、参加者は3名のみで、小じんまり

    と、しかし中味濃くワークやフリートークを楽しみました。

     

    最初は、成功した人やうまくやった人のモデリングです。その人になり切り、

    意識と思考の五段階、ニューロ・ロジカルレベルの質問に答えます。特に、

    その人の信念や価値観はなかなか分かるものではありませんが、とりあえず

    成り切って答えます。聞かれて答える方法を取っていると、自分の深層心理

    にあることを思わず口走り、ハッとする時があります。そして、最初に考え

    た時とは違うことをマネしたい‥と思っていたことに気づいたりしました。

     

    次は、未来のタイムラインです。

    現在のアウトカムが達成されたその後何が起きているのか、2、3年後に

    行き、そこで感じるサブモダリティ(五感の従属様相)を、やはり質問に

    答える形で表現します。こうして、望ましい未来を明確にすることで、無

    意識にアウトカムを達成するような前向きな行動をするようになります。

    目標達成後のさらにあとなので、これも思っても見なかったことを口走っ

    ていたという感想がありました。こうなればもう、目標達成は半分できた

    ようなものだと思います。

    最後は、サークル・オブ・エクセレンスです。

    アウトカムを達成した時の良い気分をアンカリングし、好きな色をつけた

    想像上のサークル(円)に入り、アンカーを発火させ、再度よい気分を味

    わいます。最終的には、このサークルを折りたたんで持ち運びができるよ

    うにしましょう‥と言うのですが、胸のポケットやカバンでなく、お腹の

    前にしまおうとしたので「何それ?」と聞いたら「ドラエモンのポケット

    よ。」という答えが返って来て、笑いました。

     

    そうこうする内に楽しい3時間半が終わり、外に出たら夕立が止んだとこ

    ろでした。近くのイタリアンで食事をしながら、夢の続きを語りました。

     

    次回は、(8月はお休みで)9月23日(月・祭日)の予定です。

    埼玉地区以外からもお気軽にお越し下さい。

     

     

    新十両大砂嵐、ラマダンをどう乗り切る?


    2013年7月8日 18:29 ブログ

    大好きな大相撲が始った。毎年蒸し暑い名古屋場所だ。

    今場所の焦点は、何と言っても稀勢の里の“綱とり”だろう。いつも序盤で

    取りこぼす。先場所のように、五日目まで全勝で行けば期待が持てる。あと

    は横綱戦まで何とか順調に行き、ワクワクさせて欲しいと思う。

    他にも八百長疑惑が晴れて2年ぶりに戻って来た中国出身の蒼国来がどこま

    でやるか。相撲のような鍛え上げられた肉体が一瞬の当たりで圧倒する競技

    で2年のブランクがどう影響するのか興味深い。

    これらの蔭に隠れているが、エジプト出身の新十両大砂嵐がどういう相撲を

    見せてくれるかが楽しみだ。単に初のアフリカ出身の力士というだけではな

    い。イスラム教なのだ。この季節、ラマダンといい、断食をしなければなら

    ない。名古屋場所の3日目から始まるという。どうする!?

    どうやら“日の出から日の入りまで食べてはいけない”らしい。ということ

    は夜ガッツリ食べるのだろうか。取り組みは、午後4時頃だろうから、朝か

    ら何も食べないで土俵に上がるのか。

    とりあえず、初日は勝った。3日目からどうなるか注目したい。

     

     

     

    》古い投稿