ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • ゴルフ宮里藍選手、まさかの失速‥


    2013年9月30日 21:12 スポーツ選手とNLP. ブログ

    やはり勝負事は、最後まで気をゆるめてはいけない。

    特にゴルフのようなメンタルの要素が強い競技は、微妙な心の変化がミス

    につながりやすいようだ。

    昨日行われた女子プロゴルフ『ミヤギTV杯ダンロップ女子オープン』の

    最終日、宮里藍選手がまさかの失速で優勝を逃した。

    首位と3打差のイーブンパー6位でスタートした宮里藍選手は、前半から猛

    チャージし14番ホールを終えて7アンダー、2位に3打差をつけて首位に立っ

    た。宮里藍選手は、「きょうはスコアボードを見ないで集中して行こうと

    決めていた。だけどあそこ(15番ホール)で、ピンの向こうの正面に大き

    なボードが‥。いや応なく見えてしまった。集中力がゆるんでしまった。

    トップに立った自覚は何となくあったが、この時点で3打差のボードを目の

    当たりにして、満足感守る気持ちが生じてしまったという。

    15番で痛恨のダブルボギー。これではいけないと必死に立て直しを図ろうと

    したが、ズレた歯車は元に戻らず、17番もボギー。一方、2位の李ナリ選手

    は15番でバーディ、その後は堅実にパーを重ね、逆転した。

     

    勝負事は、勝ったと思った瞬間が一番危ない

    私も将棋の対外試合で勝勢を意識した瞬間、悪手を指して負けた経験がある。

    勝負の途中で喜んだり、安心したら負けるのだ。まあ、突き詰めればそれも

    実力の内で、そういう経験をして(将棋風に言うと)泣きが入って強くなっ

    て行くのだが‥。

    プロ野球でもシーズンを長いスパンで一つの勝負と考えた時、勝って喜び負

    けて怒るような本気で一喜一憂する監督がいるチームが優勝するのを見たこ

    とがない。その点、常に冷静だったのは、中日ドラゴンズの落合前監督だ。

    脳科学で分析すると、うれしくなると脳が休んでしまうことを知っている

    かのようだった。

     

    数々のしびれる勝負を極度の緊張感の中で凌いで来た宮里藍選手は百も承知

    なのだろうが、なにせ今回は久々の帰国、日本語が通じる。海外駐在約10年

    の私には、ホッとしてそれだけで気持ちがゆるむのが本当に良く分かる。

    さらに会場が高校時代を過ごした第二の故郷、仙台近郊のなじみ深いコース

    とあっては、安心してしまうのも無理もない。応援してくれる昔なじみの人

    たちの前で『見苦しいゴルフはできない』と気を引き締めて臨んだ3日間の

    最終日、あと4ホールを残して3打差の首位!なら、たとえ鉄のハートを

    持っていても心が和らいでしまったのは仕方のないことかもしれない。

     

    こういう時は、イチロー選手や水泳の北島選手が自分で工夫して考え出した

    ようなアンカリングで気持ちをリセットするのがいい。石川遼選手にも言え

    ることだが、うまく気持ちをコントロールできるよう、こういう時の為にも

    NLP学んで欲しいなあ‥と思う。

     

     

    ムカつく‥をリフレーミング《練習会報告》


    2013年9月24日 13:44 ブログ. 練習会

    “暑さ寒さも彼岸まで”とはよく言ったものです。

    めっきりと涼しくなった秋分の日の昨日(9/23)、第33回NLP大宮練習会

    を開催しました。場所はいつもの大宮駅西口徒歩5分ソニックシティビル24階

    ヒューマンアカデミー大宮校です。ヒューマンさんには、NLP受講生のアフ

    ターケアの一環でお部屋を提供して頂いております。感謝、感謝です。

    今回は『柔軟に思考し、うまく表現する』というテーマを取り上げました。

    参加者は、女性8名、男性4名の12名。NLP受講経験者はマスター以上5名、

    他は未受講でNLPに興味がある7名という異色の組み合わせでした。

     

    まず最初は、リフレーミングです。人は、いろいろな経験を積むうちにある

    状況や行動傾向などに対し、評価も含んだ固定観念を持つようになります。

    あたかも考えの枠(frame)にはめるようです。この枠を一旦外して、別の

    とらえ方をするのがリフレーミング(reframing)です。

    ★むこうみずな →☆度胸がある。行動力がある。

    ★周りを気にする →☆心配りができる。同時に色々な所に目が行く。

    ★口が軽い →☆隠し事ができない。社交性がありそう。

    など、はじめはなかなか出ませんでしたが、慣れて来たらスイスイ出るよう

    になりました。あとは実践ですね。

    頭が柔らかくなったところで、女子高生が中心になって書かれた『ネガ

    辞典』(ネガティブ→ポジティブに変換)の中の題材をリフレーミングし

    てみました。

    ★ムカつく、★方向オンチだ、★マザコン、★八方美人だ‥などをやって

    みましたが、本に書かれている十代のネガポ例を紹介すると一同「ほほお」

    「なるほどお」と感心しきり‥。やはり年とともに頭が硬くなる事を実感

    させられます。

     

    続いては、メタモデルです。

    最近、会話で「最近の若者はキレやすい」とか「私には無理!」などという

    表現をよく聞きます。話し手の意図と聞き手の解釈が違ったまま話が進行す

    ると、後に誤解が生じるかもしれません。そんな時、相手のあいまいな言葉

    に対し、正確な情報を収集しつつ話し手に気づきや新しい選択肢を与える質

    問話法がメタモデルです。

    「本当にもういやになっちゃった‥。」

    「まじめにやれば、きっとうまく行く。」

    「私を軽視するこういうやり方にはついていけない!」

    3人1組になり、これらの例に対し、どんな返しが効果的か話し合いました。

    「ああ。そう聞かれると大したことないかも‥」となります。こちらも皆段々

    慣れて来て、効果的な質問が出るようになりました。

    そうこうするうちに、あっと言う間に時間が過ぎ、最後は皆で記念撮影です。

    外へ出たら、昼よりもっと爽やかな風が吹いていました。有志で駅ビルに寄り

    韓国料理を食べながら、和気藹々NLPや美容の話で盛り上がりました。

     

    次回は、10月20日(日)の予定です。

    今回が言語中心のテーマだったので、次回はイメージを取り上げようかな‥と

    思っています。他のテーマでも何か取り上げて欲しいものがあれば、お気軽に

    お声がけ下さい。

     

     

     

    要再考、大型台風襲来時の避難警報


    2013年9月18日 22:55 ブログ

    9月の三連休の三日目、敬老の日、台風18号が本州を縦断して行った。

    ★台風が愛知県に上陸した。

    ★竜巻が爪あとを残して行った。

    いつからこういう表現を使うようになったのだろうか。

    昔見た怪獣映画『ゴジラ』を思い出す。異常気象を怪獣のように言うこと

    で、危機意識をあおるということか。

    ‥と思っていたら、きょう、1959年に愛知県に大被害を残した伊勢湾台風

    の時、気象予報官が必死に警告したにもかかわらず、その日晴れていたと

    いうだけで地方自治体に信用されず、避難命令を出さずに被害が拡大した

    という話をしていた。なるほどそのあたりからか‥。

     

    これ以外にも、ニュース報道には擬人化して表現するものがある。

    ★エレベーターに閉じ込められた

    この間、こういう表現をした人がいたので「えっ。誰が誰に?!」と返し

    たら、変な顔をされてしまった。

    そうかと思うと、日本には神隠しなどという表現もある。10年ほど前、

    『千と千尋の神隠し』という映画を韓国で見たが、韓国での題名は『千と

    千尋の行方不明』と訳されていて、笑ってしまったことがある。

    どうやら、日本には得体の知れない抗えないものに対する警告の意味を込

    めてこういう表現をする文化があるのだと変に納得する。

     

    そう思っていたら、今年から局地的豪雨に対する避難警告を特別警告とする

    のだそうだ。経験したことのない集中豪雨などという表現もしていたが、

    これってどうもピンと来ないんじゃないだろうか。

    怪獣が襲ってくるような『妖怪雨到来、避難!』とか『ぶち壊し豪雨から

    逃避せよ』とか言う方が「それは怖い」と、しっかり避難出来そうだと思

    うのだが、どうだろうか。

    やっぱり、少なくともNLPでいうメタファーをうまく使った方がいいと

    考えさせられる昨今の異常気象だ。

     

     

    未来に意識を‥2020年東京五輪開催決定!


    2013年9月9日 10:05 ブログ

    9月8日(日)未明、地球の反対側で、2020年東京オリンピック開催が決定

    した。やったね×10。いいね×100。

    オリンピックと言えば、団塊世代はやはり1964年の東京開催を思い出す。

    49年前、中学3年生だった私の記憶は昨日のように‥とは行かないが、断片的

    にはっきりと憶えていることが色々ある。

     

    ☆地元浜松では、開催半年前からほとんど毎日昼空を見上げると、航空自衛隊

    ブルーインパルスが五輪の輪を描く練習をしていた。当時は何をしているのか

    意味が分からなかったが、開会式を見て「そうだったのか!」と感動した。

    ☆カラーテレビの開発~販売が間に合い、開会式のカラー画像を街頭で見て、

    きれいだなあ‥と思った。

    ☆東海道新幹線も東京-新大阪間が開通した。工事中の状況を見ながら、

    とてもじゃないけど間に合わないんじゃない‥と思っていたが間に合い、

    自分のことではないのに、やればできるんだ‥という変な感慨があった。

    これらの出来事とセットになって、個人的な思い出が結びついている。

     

    さて、2020年を目指して、今度は何を間に合わせて来るのだろう。56年の

    歳月を経て、文明がこれほど発展したのかという感慨も連れて来るに違い

    ない。今後7年間、日本中がワクワクしながら想像する機会を得た。

    五輪開催の何がいいのか‥と言って、現代日本の閉塞したような雰囲気の中

    であえぐ若者が、輝かしい未来に意識を向けるようになることが一番いい事

    だと思う。

     

     

    》古い投稿