ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 馬に“オキテスグメシ”って。何それ。


    2013年10月27日 22:19 ブログ

    大型台風が東にそれて去り、日本列島が秋晴れになったきょう(10/27)、

    東京競馬場で伝統の『天皇賞・秋』が行われた。

    スポーツ紙の一面は、日本シリーズか天皇賞の予想に分かれ、コンビニでも

    売り上げが上がったようだ。

    一部購入し、競馬欄を見ていたら、未勝利戦で面白い馬名が目に付いた。

    オキテスグメシ!‥何それ?何ともへんてこな名前をつけたものだ。

    そう思って見ていたら、それだけじゃなかった。土日2日間で、20頭以上

    の変わった馬名が出走していたので紹介したい。

     

    擬人化系では、ステキナシャチョウセクシーボーイオレニホレルナヨ

    バッドボーイレモンチャンボーイフレンドアシガルキンコバン

    叙景的なのは、ニシノソラカラウェルカムレインカゼヲアツメテ

    食べ物系は、ブラックチョコクリキントンズンダモチ

    喜怒哀楽系は、ベリベリハッピーケッキセヨヒャクマンバリキヨッテ

    ウタッテワクワクカンヲバラノカオリアイスブレイク

    ただ面白いのは、タンスチョキンウメペロペロナントナント

     

    命名する馬主さんには、実況を面白くさせてやろうという意図があるのだろう

    か。確かに、これらの馬名がドッと一緒にゴールするのを想像したら、笑って

    しまいそうだ。

    ステキナシャチョウナントナントヨッテウタッテほとんど同時にゴー

    ルイン。勝ったのは、ステキナシャチョウでしょうか。その後は、タンスチョ

    アシガが続いていました。」何じゃそりゃ?!

    レース鑑賞だけでなく、実況聞くのもも楽しくなりそうだ。

    中央競馬会には、ぜひ面白馬名を集めた特別レースをやって欲しいと思う。

     

     

    嫌な印象が変わった?!〔大宮練習会報告〕


    2013年10月22日 9:52 ニュース. 練習会

    また近づいて来ている台風の影響の影響でしょうか。

    あいにくの雨模様になった日曜日(10/20)、大宮練習会を開催しました。

    場所はいつもの大宮駅西口徒歩5分にあるソニックシティビル24階のヒュー

    マンアカデミー大宮校です。ヒューマンさんには、NLP卒業生のアフター

    ケアの一環でお部屋をご提供頂き、感謝しております。

    34回目になる今回は『ネガティヴな記憶の印象を変える』というテーマを

    取り上げてみました。参加者は、女性4名、男性1名(私)の計5名でした。

    お一人NLPをまだ習っていないAさんがいて、Aさんのためにどうやった

    ら理解が深まるかということを念頭に置き、皆で用語の説明の仕方やワーク

    のやり方をディスカッションしながら進めました。Aさんにとっては理想的

    な“NLP紹介セミナー”になったのではないかと思います。

     

    まず最初に“五感の要素を変えてみる”をやりました。

    過去の嫌な思い出の印象を変えるため、あらかじめ楽しかった思い出の五感

    の要素を聞きだしておき、嫌な思い出に当てはめてみるというワークです。

    この時、重要なのはどのように聞きだすか(サブモダリティの質問)という

    ことと答えている人の表情の変化を観察することの二つです。

    甲高いうるさい声(聴覚)が嫌だと感じ取れたので、その声をスローモーショ

    ンの時のような長ーい低音にしてみてください‥と言ったらみるみる笑顔にな

    り、大したことではないと実感できたという事例がありました。成功ですね。

    次は“アンカリングの応用”です。

    これも2人1組になり、不快な思い出と楽しい思い出を十分な間を取りながら

    思い出し、アンカリングし、最終的に同時に思い浮かべる(アンカーを発火

    させてみる)というワークです。ぶつかり合った時は、何とも言えない複雑

    な気持ちになります。自分だけでやる方法と相手に指先などを使ってそっと

    触れてもらうという二つの方法を試してみました。これも「不快なことが

    大したことではなくなった」という感想がありました。

     

    続けて“恐れを笑い飛ばす”をやってみました。

    人それぞれに恐いものがあります。ゴキブリ、蜘蛛といった昆虫類であった

    り、海が怖い?!というのもありました。

    まず、皆で面白かったことをそれぞれ思い出し「はっはっは‥はっはっは」

    と笑います。そして、その最中に誰かが「蜘蛛だって普通の昆虫と一緒だよ」

    とか「海はきれい」などとつぶやきます。

    笑うことで、エンドルフィンという脳内物質が分泌されている時に嫌なこと

    を思い出すとどうなるか‥ですが、どうやら嫌さ加減が強いと少々のことで

    は印象は変わらないようです。「ゴキブリの手足と取ったら柿の種?!」と

    言ったら、「柿の種が食べられなくなる!」と言われてしまいました。 ;-)

    うまく行かないのも学びのひとつです。

     

    そうこうするうちに、楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、最後に皆で

    記念撮影しました。

    外へ出たら、まだ雨が降っていました。お腹が空いたので駅ビルで夕食を

    摂りながら、オーラ写真の話などで盛り上がりました。

     

    次回は、ファシリテータ都合で未定です。

    年内にあと1回はやりたいと思っています。

     

     

    大相撲人気急上昇の遠藤の四股名は‥


    2013年10月15日 17:33 スポーツ選手とNLP. ブログ

    大相撲が秋の巡業に入り、その初日で家のそばの文化公園に来ていた。

    人気急上昇の新入幕遠藤を見に行きたかったが仕事で行けず‥。残念。

    新入幕の秋場所で、大器の片鱗を見せ、ベテランの旭天鵬を3秒でぶん投げ

    たのは本当に驚いた。

    ところで遠藤というのは、本名らしい。入門から3場所で関取になったスピ

    ード出世で、まだ大銀杏が結えないくらいだから、四股名もつける暇もない

    のかとは思うが、そろそろ由緒あるいい名前をつけてもいいのかなと思う。

    もっとも輪島という本名のままで大横綱になった例もあるので、まさかひょ

    っとしてそのまま?などと、やきもきしている。

     

    そういえば、先月終わった秋場所で、NHKが昔あった面白い四股名を紹介

    していて思わず笑ってしまったので、おすそ分けしたい。

    不了簡 綾丸(ふりょうけん・あやまる)‥‥悪いことばかりやってそう?

    ヒーロー 市松‥‥カタカナは珍しい。本物のヒーローにはなってない。

    凸凹 太吉(でこぼこ・たきち)‥‥そう言えば凸凹も漢字だ。

    宝年 万作(ほうねん・まんさく)‥‥豊年ではないが、何かおめでたい。

    鬼の臍 常吉(おにのへそ・つねきち)‥‥意味不明だが、なぜか勇ましい。

    百足山 千太(むかでやま・せんた)‥‥相撲は手が地に着いたら負けだが。

    猪シ 鍋吉(いのしし・なべきち)‥‥相手に白星をおいしく頂かれそう‥。

    他にもいろいろあるが、全部本当にあったらしい。

     

    また、一文字の四股名もあった。

    一、など。なんと読むか?暇つぶしの話題になる。

    これらの力士は、いずれも出世しなかった。本業の相撲以外でウケ狙いと

    いうのはダメという事か。あるいは“名は体を表す”というから、誰が聞い

    ても伝統がある強そうな四股名をつけるというのは、本人の無意識をいい

    方向にコントロールするという意味で重要なことのような気がする。

    一門で一番出世した羽黒山か。それとも親方の“”を一字付けるのか。

    こう考えると、遠藤改め○○○!‥という日がますます楽しみだ。

     

    ★一文字四股名の読み方‥‥かずはじめ、いちじく、かながしら、かなどめ、

    えとがしら。聞けばなるほど!?と思うのだが‥。

     

     

    ソチへ向かってGO!!下町ボブスレー


    2013年10月9日 19:05 ブログ

    ソチ五輪へ向けて、グレードアップした日本製ボブスレーが完成した。

    名づけて“下町ボブスレー”2号機。

    約1年前に大田区の中小企業が協力してプロジェクトが作られた。

    ボブスレーという競技は、日本にはあまり馴染みがない。かつては、欧州で

    使い古されたものを買い取り、乗っていた。それを大田区の技術系の会社が

    約20社が集まり、見よう見まねかつ自費で1号機を作った。結果は、日本

    記録を更新するなど上々で、皆手ごたえを感じ、プロジェクト推進委員会が

    発足した。

    私も昨年夏から今年の春にかけて工場改善のコンサルティングでお邪魔した

    会社が中心的役割を果たす形で参画しているので、その点非常に親しみを感

    じている。

    強敵は、欧米だ。ドイツはBMW、イタリアはフェラーリ、米国はNASA

    が関与して作っている。製作費用は億単位だ。日本はその10分の1以下!で

    作る。大企業顧客の厳しいコストダウン要請に歯を食いしばって凌いで来た

    実力が生きる。機械加工の仕上げの技術力なら世界のトップレベルだ。

    こうして作られた2号機は、否が応でも期待を抱かせる。

    さらに改良を加え、これが日本の技術の底力だ!!というところを見せて

    欲しい。

    ソチ五輪での下町ボブスレーの活躍を皆で応援しましょう。

     

     

     

    》古い投稿