ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 浅田真央さん、感動的な開放の涙。


    2014年2月22日 12:44 ブログ

    小島よしお風に‥そんなの関係ねえ。順位も関係ねえ。メダルも関係ねえ。

    感動した!泣いた。‥こういうこともあるんだね。

    ソチ五輪、女子フィギュアスケートの浅田真央さんのフリーの演技には、

    世界中が心を打たれた。素晴らしいパフォーマンスだった。私も含めて、

    演技後の涙に共感の涙を流した方も大勢いたのは間違いない。

    共感の涙を流すのが、精神衛生上非常にいいのが最近分かって来た。脳神経

    伝達物質のセロトニンが、ポッポッと出て、ストレスで崩れそうな心のバラ

    ンスを取る。心の健康に良いので、どんどん泣くといいのだそうだ。

     

    ただ、アスリートが競技終了後に流す涙は、これとは別物だ。長い間厳しい

    練習を続けて来て、今終わったという時に流す涙は開放の涙で、継続的な強

    いストレスから解放され、やっとリラックスできると感じた時に泣けてくる。

    甲子園で負けたチームの選手が流す涙も悔し涙だと思われているのだが、実

    開放の涙だという。長く厳しい練習に耐えて来た人だけに与えられた特権

    のような涙だ。

     

    それにしても、見る人の胸を打つ浅田真央さんの感動的な開放の涙だった。

    お疲れ様でした。しばらくは、そっとしてあげて欲しいと切に願う。

     

     

     

    羽生結弦選手金メダル。魔物を手なづけた。


    2014年2月16日 12:16 ブログ

    高梨沙羅選手だけではなかった。

    スノーボード男子ハーフパイプの絶対王者ショーン・ホワイト選手も4位!

    男子フィギュアのロシア代表プルシェンコ選手は、腰痛再発で棄権~引退!

    同じフィギュアのパトリック・チャン選手もつまづいた!

    やはりオリンピックには魔物が住んでいるのだろうか。

    そんな中で、羽生結弦選手が金メダル獲得した。素晴らしい。うれしい。

    羽生選手は「オリンピックの魔物は、自分の中から生まれる」と言って

    いたそうだ。ショートプログラム首位で迎えたフリーでは、今思えば、

    いかにも生まれた魔物と戦いながら必死に演じていたように見えた。

    それでも堂々の金メダル。ということは、魔物を手なづけたということか。

     

    よく勝負を決めるのに“”も左右すると言われる。少し長い目で見れば、

    運は平等なのだろう。だが短期決戦ではやはり影響するのか。高梨選手が

    飛んだ時の風のように‥。

    不確定要素が多い競技やゲームでは“ツキ”も関係する。麻雀のような目に

    見えない牌をめくりながら展開する競技などは、素人ほどツイているかどう

    かが重要になる。ところが麻雀でも超一流プロ に言わせると「運は平等

    が、ツキは自分の心が決める」という。同じ牌の並びを見ても、落ち込ん

    でいる時は「ああ、ツイてない。」と思うのと「良くないけど、何か大き

    な可能性がある形だぞ。」と考えるのでは大きな違いで、それは自分の心

    の有り様が反映されているというのだ。NLP的に言えば、これが自分の

    無意識に働きかけて、次の行動に反映される‥ということになる。

    羽生選手は、フリー演技で最初につまづいた時、この程度で済んだと思った

    かどうかは分からないが、ほんの短い間に切り替えて次のパフォーマンスに

    集中したのは確かだろう。これが魔物を手なづけたと言い換えられるのかも

    しれない。1年位前、数回ショートで1位ながらフリーでつまづいていたのを

    思い出した。この経験の中から何かをつかんだとしたら、素晴らしい成長だ。

     

    2歳下の高梨選手も今回しっかりと何かをつかんだと信じて、未来の朗報を

    待ちたい‥と思う。

     

     

     

    ああ。高梨沙羅選手4位!せつない‥


    2014年2月12日 19:11 ブログ

    金メダルの朗報と沙羅スマイルが見られると思っていた。

    少々満足が行かないジャンプでも勝てると思っていた。

    テレビの専門家の解説は、99%大丈夫だ!と言っていたじゃないか!

    日本中の期待が泡と消えた。ジャンプ高梨沙羅選手、惜しくも4位。普通の

    選手なら頑張ったねと声を掛けたいところだが、高梨選手の場合訳が違う。

    17歳なんだから、次のオリンピックで‥と思うのだが、4年は長いよお。

    一発勝負の怖さは、今までも何回となく見て来たが、今回は本当に残念だ。

    ‥というより、せつない。やり場のないせつなさは、時間の経過でしか癒さ

    れないのは分かっているが、せつない。

    高梨選手には、とにかくゆっくり休んで欲しい。インタビューはしないで

    欲しい。そっとしておいて欲しい。今はそう願うだけだ。

    親のような気持ちになっているようだ。ううう。

     

    ああ。このせつなさは、フィギュアのメダルラッシュが果たしてくれるの

    だろうか。数日で気持ちを切り替えるのには、ショックが大きいのだが‥。

     

    輝かしい未来に笑顔‥【練習会報告】


    2014年2月12日 9:56 ニュース. 練習会

    45年ぶりの大雪が道端に残り、曇天で、ピーンと張りつめるような寒さに

    なった火曜の祭日(2/11)、第36回NLP大宮練習会を開催しました。

    場所は、いつものJR大宮駅西口徒歩5分にあるソニックシティビル24階、

    ヒューマンアカデミー大宮校です。ヒューマンさんには、NLP卒業生の

    ためにお部屋を提供して頂いています。感謝、感謝です。

     

    今回は、『未来の自分と仲良しになる』というテーマを取り上げました。

    参加者は、女性4名、男性3名の計7名でした。NLPが初めてという方も

    おり、初心者向けにどういう説明をすれば分かりやすいかということも

    話し合いながら進めました。

     

    時間の観念を表す時、“過去の一番良い点は、それがすでに終わったこと

    だ”というリチャード・バンドラー博士の言葉は非常に印象的です。マイナ

    スの印象がある過去を思い浮かべる時間があったら、輝かしい未来を想像

    することの方が有益でしょうというのが本日のテーマの根底にあります。

     

    まず最初に、素晴らしいフィーリングをやりました。同じ過去でも素晴ら

    しい気分ならば、取っておいてあとで何か使えないかというものです。

    マスタープラクティショナーコースに出てくるTDサーチを少しアレンジ

    してみました。最初は、なかなかそのフィーリングを思い出せないのです

    が、話していくうち段々「そう言えばあるある。」と思い出し、いい気分

    に浸ります。そして、最後の方でこのフィーリングを活かせる未来の場面

    を想像しましょうというところで、ちょっと迷いますが、皆それぞれで何

    らかのケースを想像できたようでした。

    次に、挫折を計画に入れておくをやりました。

    目標達成の道のりは、必ずしも平坦なものではありません。時には、もう

    ダメだとあきらめるような気持ちになることがあるかもしれません。そん

    な時こそ、初心の決意が試されます。ダイエット(例)など、やる気を起

    こして頑張りたいものをひとつ決め、未来の達成感を味わいながら、途中

    で挫折した時のことを思い浮かべます。その時達成感のフィーリングで再

    度自分を奮い立たせようというものです。達成感の体感がどこからどこへ

    向かって動いているのか、うまく感じ取れた人は、ワークの後、スッキリ

    したという感想を話していました。

     

    3つ目は、未来の自分をタイムラインで体感してみました。

    アウトカム(欲しいもの、なりたい状態)を達成したさらにその何ヶ月か

    後に何が見えるかというものです。そして、そのさらに未来から、自分に

    声を掛けます。さらに未来から見ると、ハッとするような気づきがあり、

    自分を客観視することで、新鮮な気持ちになれたという感想がありました。

    いつも思うことですが、まだ見ぬ情景すら思い浮かべることができる人間

    の能力(脳力?)って無限なのかな?それを引き出すNLPの醍醐味って

    素晴らしい。そんなことを実感しました。

     

    そうこうするうちに、楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後は皆で記念

    撮影です。笑顔がきょうの雰囲気をうまく表しているようです。

    外へ出たら、火照った顔に冷気が心地よく感じられ、有志で和気あいあい、

    お好み焼きを食べて帰りました。

     

    次回は、3月23日(日)の予定です。

    埼玉以外の方もお気軽にお越し下さい。ご案内は、2月末に行います。

     

     

    》古い投稿