ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 名前がいけない!「猫だまし」


    2015年11月26日 18:54 スポーツ選手とNLP. ブログ

    今回もまた言葉の持つ力を改めて考えさせられた。

    平成27年を締めくくる大相撲九州場所が日馬富士の優勝で終わった。

    優勝争いをしている3人(白鵬、日馬富士、松鳳山)が千秋楽にいずれも破

    れて優勝が決まるという極めて珍しい展開になった。途中、北の湖理事長の

    急逝という驚かされるニュースがあり、力士達も動揺したのか、特に白鵬は

    12日目まで全勝で今場所も白鵬かと思わせたが、なんと13日目から3連敗。

    この尻すぼみは意外だった。ただ、白鵬は何だか気の抜けたような立ち合い

    で3連敗したのは、その前に原因があったように思われる。

    十日目の栃煌山戦だ。この一番で白鵬は非常に珍しい“猫だまし”を立ち合い

    と取り組み中の2回もやり、鮮やかに勝ったが「それが横綱のすることか!」

    と批判を浴びた。亡くなった理事長にも苦言を呈された。猫だましは下位の

    力士が上位の力士にやるものであり、横綱たるものふざけたことをするな!

    というのが反対派の主張だ。

     

    私は「別にいいじゃないの。相撲だってエンターテイメントなんだからお客

    が喜ぶなら‥。反則技じゃないし‥。取り組み途中の張り手よりよっぽどいい

    のに‥」と思う。ネットでは賛否両論らしい。なぜ五割もの人が批判的なんだ

    ろうと改めて考えてみたら、ハタと思いついた。

    “猫だまし”という言葉がまずいんじゃないの。

    相手を人間じゃない、猫扱いしていることを連想させる。だから、馬鹿にし

    ている、正々堂々とやれ!という論理なのではないだろうか。

     

    だったら名前を変えればいい。何がいいだろうなあ。神社での柏手(かしわ

    で)に似てるから“天狗の柏手”とか。“神降ろし”とか。

    これなら馬鹿にしているとは思われないでしょう。どうだろう。。。