ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 日韓の違いを理解し、改善につなげる。


    2012年4月28日 20:17 セミナー開催報告. ブログ

    いろいろな立場で、いろいろな悩みがある。

    言葉、文化、価値観の違う外国でビジネスを進めて行くのは、日本にいたら

    全然出くわさない問題が次々と起こる。その中でも人間関係の問題は、結構

    深刻で、継続的な課題が多い。

    一昨日(4/26)ソウルにて、日系の会社の日本人経営者、管理者の皆さんと

    の懇話会で、NLPを切り口にした“日韓の違いを理解し、改善につなげる”

    という題で話をさせて頂いた。

    日本の某コンサルティング会社と現地会計法人が協力し、日本人駐在員の皆様

    に問題解決のヒントになるものを無料で提供しているもので、非常に有益な

    集まりだと思う。

    直接ああすればいい、こうしたらどう?というのは簡単だが、ほとんどが応用

    問題の人間関係は、脳の構造や心理学を学ぶことで初めて良いヒントが得られ

    ることが多い。

     

    ↑ パッピンス(韓国のカキ氷)は、こんなきれいな盛り付けをしているのに

    グチャグチャに混ぜるとおいしくなる。ビビンパプのように‥。

    それが韓国人のビリーフ(信念/観念)!?

     

    昨年の4月、10月にもお邪魔したので、今回が3回目になる。今回私の話が

    あるので来ました‥と言って頂いた方がおり、素直にうれしかった。

    今回は、韓国人と日本人の価値観の違い、韓国人の五感の使い方の特徴などを

    披露し、そこそこ共感とNLPに対する興味を持って頂いた手ごたえがあり、

    終了した時の自然な拍手に充実感を感じた。

     

    どんなことを話したか。興味がありますか?

    例えば、人生というテーマの中のヴァリューの上位は、韓国人が『自尊心』

    『権力・職位』『身内意識』‥などがあり、日本人は『人の和』『平等、

    公平』『秩序』‥がある。違いをしっかりと認識するのがラポールの基本

    ですよ。そして認識するだけでいい‥というのが脳の原則ですよ。。。

    あるいは、『ケンダ!』『フタッフタッ!』など、身体感覚優位の韓国人に

    使えば仲良くなれる言葉を覚えて帰りましょう‥などをエピソードを交えて

    話したら、笑顔が返って来た。

     

    このような会を通して、自分が19年前に初めて韓国に駐在し、悩んだのと似た

    ような体験をしている人達に少しでも助けになれば、本当にうれしい。

    最近こういうことが、自分の“仕事”というテーマの上位に来るヴァリュー

    (価値観)だとつくづく思う。

     

     


    この投稿よりひとつ新しい投稿:

    この投稿よりひとつ古い投稿: