ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • NLPのテクニックを意識して使ってみたら‥


    2012年8月20日 14:53 ブログ

    とにかく、学んだテクニックは使ってみて、結果を評価し、次につなげる。

    そして、また自分なりに改良を加えてまた使ってみる。これだね!

     

    4年前から本格的にNLPを学び、いろいろな新しい気づきがあった。

    リチャード・バンドラー博士の言葉

    『NLPとは、心構えであり、方法論であり、テクニックがあります。』

    学んだ当初は、ワークなどを通して「こんなことがあるんだ!」という気づき

    に感動していた。だけど、テクニックを実生活で使うというところまで行って

    いなかったと思う。

    今年になって、どういう訳か周りの風向きも少しずつ変わって来た。例えば、

    新しい仕事の声がかかり、相手の社長さんらと話しをする機会が三度あった。

    初対面なので、当然緊張する。最近になって自分がひと味変えたのは、こうい

    う時にNLPのテクニックをより積極的に使ってみようと思ったことだ。

     

    ☆話が面白いと感じたら、少し大げさにバックトラックをしてみる。

    ☆相手がビリーフに関連した話をした時は、同調し場合によってはほめる。

    ミラーリングもちょっとだけやってみる。‥などなど。。

     

    コミュニケーションの成果が相手の反応だとしたら、想像以上の成果が出て

    いると感じている。初対面でも信頼関係に近いものが芽生えるようになった。

    女性には、話しやすいと言われるようになった。

    昔から割りと素の自分を出している方だったので、こういう結果は自信につ

    ながる。NLPのテクニックを一時的に意識して使うようにした結果なのだ

    が、今後場数を重ね、普段通りで無意識に使えるようになれば、もっとよい

    結果が次々と生まれるのではないかと期待してしまう。そして、それがより

    自然体の自分を出していくことになれば、さらに好循環になって行くと思っ

    ている。

     

     

    この投稿よりひとつ新しい投稿:

    この投稿よりひとつ古い投稿: