ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 将棋名人戦。羽生三冠の読み方に驚き!


    2014年4月24日 21:46 ブログ

    へえー。そうなんだ!‥と驚いた。

    将棋名人戦第2局の熱闘も見応えがあった。見応えというのは、最近はBS放

    送で実況をしているし、Webでもリアルタイムに指し手を見られるからだ。

    4年連続の森内俊之名人対羽生善治三冠のゴールデンカード。誕生日が13日

    しか違わない42歳同士、十八世と十九世の永世名人資格保持者の対決だ。

    BS放送で、解説の山崎八段が面白いことを言っていた。手を読んでいる時、

    当然盤面が頭の中にあり、激しく駒を動かしているのは想像がつくのだが、

    羽生さんは、将棋盤を四分割して考えているそうです。

    えっ!よんぶんかつ!?

    将棋盤は、9×9の81マスだ。部分的なところの指し手を読んでいても盤面全

    体をよく眺めて考えましょうと教わる。ところが羽生三冠は、四分割して局

    面を5×5の四つに分けて、それぞれで駒を動かして考えるのが“省エネ”に

    なっているらしいというのだ。頭の中で視覚を駆使して将棋盤をはっきりと

    イメージし、自在に駒を動かす‥のは分かる。だが、四分割とは‥。

    持ち時間各9時間の二日制の対局では、通常3kgくらい体重が落ちる。だから、

    省エネは非常に重要な要素だ。

    私もやってみた。頭の中で第2局の局面を四分割してみた。最初は、ちょっと

    違和感があったが、少し時間が経って「うーん。なるほど。省エネかも‥。」

    何となくそんな感じがした。

    ともかくこの話は、私にとって衝撃だった。何歳になっても驚きの新しい気づ

    きはあるものだ。今度、試合で試してみようと思う。ワクワクして来た。

     

     

    この投稿よりひとつ新しい投稿:

    この投稿よりひとつ古い投稿: