ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 「無意識様が降りてくる‥」柴門ふみさん


    2014年7月17日 21:22 NLPのテクニック. ブログ

    最近、なぜか自分の身の回りがスッキリと片付いていく。どうやら無意識

    にチョコチョコ要らないものを捨てて、要るものを取り出しやすいように

    整えている。

    何でだろうと思ったら、すぐに思い当たった。今週土曜日のNLP大宮練

    習会のテーマが『心の断捨離』で、「はて?目に見えないものはどうやっ

    て整理整頓するのだろう」とずっと考えていた。「終わった後、スッキリ

    する」のには、どうするのか。NLPで考えると何をどうすするのか‥と

    思いを巡らせていた。

    それがどうやら自分の無意識に命令して、身の回りを片付けていたようだ。

    最新の心理学では「人は90%以上無意識に行動している」のは確かなよう

    なので、当然といえば当然だ。

    そう言えば先週、“恋愛の教祖”と言われた漫画家の柴門ふみさんがテレ

    ビの対談番組で面白いことを言っていた。「漫画のネタは、これは使える

    と思っても10年寝かせる。そうしないと無意識様が降りて来てくれない。」

    つまり、書いている時は無意識だということだ。「考えるより先に手が動

    く。」と表現していた。才能のある方特有の共感覚、つまり頭の中の情景

    (視覚)が勝手に文字(聴覚)になって行く。モーツァルトが19歳の時、

    山の景色を見ていたら、頭の中に旋律が流れて来て、家に帰って五線譜に

    書き写すだけで作曲ができたという逸話に似ている。

     

    最近、よくやらせて頂いている“就職支援セミナー”で、「過去のいやな

    思い出にこだわらず、未来だけを考えましょう。」とお勧めしている。

    NLPでいう未来ぺーシングだ。これが輝かしい未来を拓いて行くのは、

    多くの実例からまず間違いはない。未来ペーシングが無意識をコントロー

    ルして行くからだ。

    この原理をあと30年早く知りたかったなあ‥。

     

     


    この投稿よりひとつ新しい投稿:

    この投稿よりひとつ古い投稿: