ブログ最新記事


今、大相撲が面白い!がんばれ宇良。

   

マラソン福士加代子選手、根性あるねえ。

   

久々に競馬場が華やかになるぞ。

   

ニュース最新記事


2015年セミナー開催実績

   

今年を表す漢字は何?【錦糸町練習会】

   

五感を意識すれば‥【錦糸町練習会】

   

セミナー開催最新記事


2015年セミナー開催実績

   

無料セミナー最新記事


お気軽にご相談、リクエストしてください

   
NLPのテクニック
スポーツ選手とNLP
セミナー開催
セミナー開催報告
ニュース
ブログ
無料紹介セミナー
練習会
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年7月 (2)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年2月 (1)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (4)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (3)
  • 2014年6月 (4)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (7)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (6)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (6)
  • 2013年6月 (5)
  • 2013年5月 (5)
  • 2013年4月 (7)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (12)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (9)
  • 2012年9月 (7)
  • 2012年8月 (9)
  • 2012年7月 (13)
  • 2012年6月 (15)
  • 2012年5月 (17)
  • 2012年4月 (14)
  • 2012年3月 (14)
  • 2012年2月 (16)
  • 2012年1月 (17)
  • 2011年12月 (2)
  • 一気に駆け上がる‥これで金メダルを獲る!


    2012年4月5日 12:14 スポーツ選手とNLP. ブログ

    王の帰還だ。‥とスポーツ紙が報じていた。

    ロンドンオリンピック代表を決める水泳・日本選手権で、北島康介選手が見事

    なパフォーマンスを見せ、100m平泳ぎの五輪代表を決めた。

    競泳では日本初の4大会連続出場の快挙だ。水泳で29歳の選手が日本新記録

    を更新してトップで代表を決めたことは、本当に驚異だ、すばらしいと思う。

    北島選手ら競泳陣が一時の低迷を脱して、ここ数年世界ベルに肩を並べメダル

    獲得圏内に入って来た理由のひとつに脳科学に基づくメンタルトレーニングが

    ある。2008年北京五輪の直前、日本競泳チームは脳科学の権威、林成之教授を

    招いてアドバイスを求めた。その時、林教授が与えた助言はそれまでの常識を

    くつがえすものだった。

    『一気に駆け上がれ!』

    それまで、五輪選考会が終わった後、本番までの数ヶ月は一度ペースダウンし

    て徐々に調子を上げて行くのが常識だった。しかし、林教授はこれを真っ向

    から否定した。

    人間の能力というのは『一気に駆け上がる』もので、もっとも調子が高まった

    や記録の伸び盛りの時にこそ、さらに急激に伸ばして行ける、そういう加速

    度的な性質を持っている。

    従って、選考会の後、ペースダウンやリラックスせず、逆に高い集中力と緊張

    を持って、よりハードな練習や他の追随を許さないケタ外れの努力をする

    こと大事だ!‥ということらしい。選考会で日本記録を出し、その後も緩め

    ないで世界記録にどんどん近づき、抜くようなハードな練習を続けなさい。

    前回北京五輪で、競泳陣が予想を越えて活躍したことは、まだはっきりと記憶

    残っている。そして、その後も林教授はアドバイスを送り続けている。

     

    そういうことだったのか。ただ、ペースダウンしないでモチベーションを高い

    状態に保つには、しっかりと成功した後のことをイメージとして思い浮かべる

    必要がある。それが未来ペーシング!だ。まあ、それは言うまでもなく、やっ

    ていますよ‥ということだろうなあ。こういうことをあれこれ考えて行くと、

    心理脳科学は近い!しっかりとつながっているなと思う。だって、よく

    考えた“心”って、心臓じゃなくて脳の中にあるんだもんねえ。

    そう思っていたら、NLPと脳科学の本の題名も似ていることに気づいた。

    やっぱりね‥。

    ☆楽しい未来をしっかりと思い浮かべる“未来ペーシング”は、自分の無意識

    コントロールして、望みを実現させます。“日本人の為のNLP”の第4日

    (全5日)に学びます。

     

     

    この投稿よりひとつ新しい投稿:

    この投稿よりひとつ古い投稿: