他人とうまく話すのは、いろいろな前提があります。

常に好意を持っている人とは、何をしなくてもうまく話しができそうですが、

ちょっと苦手な人とうまく話すのは、何らかのスキルが必要です。

NLPでは、人の情報収集~記憶の構造を学び、自分を知り、相手を知ることで、

新しい考え方、目からウロコのスキルを身につけ、

アサーション(さわやかな自己表現)技術を手に入れることができます。

就職氷河期が続いています。採用面接で、悔いを残さず、

自分の良さを100%売り込むことができたら、

どんなに素晴らしいでしょう。終わってみたら、

ああ上手く行かなかったと思わないように、

日頃から自分の考えていることをどうしたら上手く表現できるかを知り、慣れておく必要があります。

初対面の人と素早く良い関係を構築するのは、今まで経験したことが少ない新しいストレスを感じます。

その時、自分はうまくやれるスキルを持っていると思うだけで心が落ち着き、それが良い結果をもたらします。

NLPでは、観察、心の持ち方、素早く相手のタイプを知り好感を持たれる言葉は何かなどを学習します。

自信がつき、その能力が次の機会で発揮され、また自信の度合いを深めるという好循環が生まれます。

初めての人と話すのは、ストレスを感じて苦手でした。

優位感覚、視線解析、キャリブレーションなど習ったスキルが使えるようになれば、

楽しくなりそうです。〔30代女性〕